システム概要

放射線量を恒常的に計測

  • 放射線線量計は観測点にスタンドアロンで設置。無人で放射線量を常時計測するため、人による測定作業は必要ありません。また、GPS機能により、観測位置情報の測定も行います。
  • 観測データは逐次ネットワーク経由でサーバに送られるので、いつどこからでもリアルタイムな放射線量を確認することができます。
  • サーバのモニタリング閲覧ページをwebブラウザで開くことで、観測点の位置を地図で、線量をグラフ(日・週・月・年)で確認することができます。モニタリング閲覧ページは携帯電話でもご覧いただけます。
    ※携帯電話の場合、文字情報でご覧いただきます。
  • データベースサーバはクラウド上に用意されており、お客様にご用意頂く必要はありません。
System outline